カスタム検索

健康常識を自分で判断:白血病、母乳感染も

どういう状況で感染するかというと、母乳感染や性交渉ということです。

ウイルスの名前は「HTLV-1」というもの。

 日本には、約120万人の感染者がいるとされていて、その内の約半数が

九州・沖縄地方に集中しているそうです。

 日本全国で人口の約1%ですね。九州・沖縄は人口や経済指数などは、全国

の約1割といわれています。

 ということになると、九州・沖縄では約5%程度ということになります。

・潜伏期間が長く、発病するのは平均60歳。

・発病するのは感染者の5%前後。大半は、一生症状が出ない。

・30、40歳台で発病した場合、骨髄移植が可能な場合あり。

・高齢で発病した場合は骨髄移植は、現段階では不可能。
 そのため、平均生存率は1年間強でしかない。

・ただし、高齢者のための骨髄移植も、研究段階では実施
 され始めている。

続きは、健康常識を自分で判断:白血病、母乳感染もでどうぞ!

     

目  次



白血病 初期症状と化学療法

健康常識を自分で判断:白血病、母乳感染も

99白血病診察室 
     
白血病の症状と治療薬  

白血病の初期症状

メルクマニュアル家庭版、急性骨髄性白血病176章白血病

あずちゃんのひとりごとAzu's Homepage=白血病について...

白血病の症状って?